<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Warm Thoughts for Restaurants in Tokyo
東京の行きつけのお店より

仕事や出先、或は旅先から、家に帰り着くと、ほっとするものです。

年の瀬の慌ただしい中、外の寒さも忘れ、我が家に戻ってきたような
心地よさを覚える、お店のことを思い浮かべて、ふと心が温まります。
偶然や友人の紹介による、そんなお店との不思議な出会いを、
改めて感謝する瞬間です。

笑顔と真心で迎えられ、気取りのない、素敵な雰囲気の中で味わう、
見事なお料理とワイン・食後のコーヒーやお茶に、いつしか心は満たされ、
至福の時が、和やかに過ぎていきます。。。
-------------------------------------------------------------------------------
ラ・クープ
f0205794_1537373.jpg
f0205794_15372359.jpg

前菜の1つ、「新鮮なお魚のカルパッチョ仕立て
大葉とパルメザン添え」— お魚・オリーヴオイル・大葉・パルメザン
の組み合わせが奏でる、それは絶妙なハーモニー♪
---------------------------------------------------------------------------
オ・タン・ジャディス
f0205794_153742100.jpg
f0205794_15382664.jpg

大人気のデザート・クレープ、「塩バターキャラメルのクレープ」—
バター風味に加わった塩味が、キャラメルの甘さと溶け合う美味しさ♪
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-30 16:16 | 日記・エッセイ
Décembre à Paris
12月のパリ
f0205794_1956645.jpg

f0205794_19565017.jpg

街の通りのふとした表情にも、一つの年が終盤を迎えつつ、
新しい年へと切り替わろうという、気運を湛えているかのようだ。。

Something in the air that makes us aware…

C’est pesque le moment pour une nouvelle année!
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-26 19:59 | 日記・エッセイ
Marchés de Noël dans la nuit
夜のマルシェ・ドゥ・ノエル
f0205794_729063.jpg

午後の4時半頃を過ぎ、辺りが段々暗くなり始めると、
ストラスブールの街は、イルミネーションで輝き出す。
f0205794_7291933.jpg

f0205794_1718830.jpg

通りには、小さなクリスマスのお店、マルシェ・ドゥ・ノエルが並び、
アルザス地方の焼き菓子や、温かいワインなどを買う。
f0205794_7294093.jpg

まるで、お伽の国か、童話の世界にでも迷いこんだかのような
12月のこの街では、妖精たちに出会いそうな予感がする。。。
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-23 07:33 | 日記・エッセイ
Strasbourg
ストラスブール
*** ここのブログに掲載したストラスブールの風景の写真を基にして、
kenさんが、何枚か、とても素敵な風景画を描いてくださいましたので、
是非ご覧になってくださいね。
kenさんのお絵かきブログ ***
f0205794_602064.jpg

パリからTGVで、北東に2時間半ほど行ったところに、
ドイツとの国境にすぐ近い、ストラスブールの街がある。
13世紀後半—14世紀初頭に建設された、古い大聖堂は、
空に向かって聳え立ち、なんとも荘厳な趣きを湛えている。
f0205794_604193.jpg

街の建物は、ドイツ、オーストリア、スイス、北欧などにも
共通するような、ヨーロッパの田舎の雰囲気が感じられて。。。
f0205794_61791.jpg

また、中世の時代に遡ったような錯覚にも捕われる。
f0205794_61296.jpg

さまざまな形の、屋根が連なる風景にも、暫し我を忘れるひと時。。。
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-21 06:04 | 日記・エッセイ
Waiting for Christmas
もうすぐクリスマス
f0205794_125734100.jpg

東京で見つけた、楽しいサンタ・ツリーには、
サンタクロースがいっぱい。

サンフランシスコの、ショーウインドウを飾るのは、
いつもと変わらぬ、昔ながらのクリスマスツリー。

でも、クリスマスが待ち遠しい気持ちは、どちらも同じ。

Waiting for Christmas
f0205794_12574956.jpg

Just in my imagination, I’m dreaming of a white Christmas〜♪♪♪
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-14 12:59 | 日記・エッセイ
A l’atelier Vasenoir
アトリエ ヴァースノワールにて

お話が少し前後しますが、11月後半の日本滞在中に、
“vasenoir” のハンドルネームでお馴染みの、村田旭さんご夫妻を、
郡山のアトリエ ヴァースノワールに、お訪ねしました。

まるで幻想の世界のような、素敵な絵を描かれる、
vasenoirさんのアトリエ ヴァースノワールには、カフェ・ゆめや、
そして、絵やバレーなどの教室が開かれています。

この12月でちょうど1周年を迎えた、アトリエ ヴァースノワールの、
今後の発展が、ますます楽しみですね。
f0205794_17233439.jpg

「カフェ・ゆめや」のドアを開けると、白い壁とブラウンを基調とした
すっきりとした、お洒落な空間が広がります。壁のシェルフや小物などの
セレクション、色使い、配置などにも、センスの良さが光ります。
f0205794_17234875.jpg

vasenoirさんの描かれた、美しい絵に囲まれながら、
心地の良い、素敵な空間の中で、ゆったりと寛ぎ、お話が弾みます。

さてこの日は、お隣りのアトリエで、絵の会が進行中で、合間をぬっては、
カフェに戻って、お話の続きをしてくださるお心配り。

私もちょこっとだけ、見学させて頂き、アトリエには、真剣に、作品に
向かわれている、参加者の方たちの熱き思いと気魄が漲っておりました。
最終の仕上げのところ、一人一人のみなさんの作品に、vasenoirさんが、
手を加えていき、どの作品にも、より一層の輝きが現れます。
f0205794_17241480.jpg

「カフェ・ゆめや」では、各種紅茶やコーヒーの中から、
ベリー系とローズをブレンドした紅茶を選び、奥様お得意の、
手作りのシフォン・ケーキを頂きました。

フワフワッとした弾力感と、自然な味わいが、付け合わせの
アイスクリームや手作りジャムともマッチして、美味しかったです♪

短い時間の中で、心より歓待して下さった、素敵なお二人とお別れ
するのは、名残り惜しく、また、お話も尽きないのですが、
今回の訪問は、この辺で、お暇する時間となりました。

素敵な空間、アトリエ ヴァースノワールでの、
楽しくて充実したひと時を、ありがとうございました!

また次の機会にお会いするのが、今から楽しみです♪
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-12 17:30 | 日記・エッセイ
Savoring Warm Thoughts
冬の到来
f0205794_9271448.jpg

街角のシーンも、めっきり冬らしい景色になり、
周辺の街路樹も、すっかり冬の装い。
こんな日は、暖かく燃える暖炉のそばで、
入れたての紅茶とクッキーと共に、続きの読書。。。

On a cold day in winter, what makes me warm
are a cup of tea & cookies by the fireplace,
and a favorite book to read…
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-11 09:29 | 日記・エッセイ
Trip to Miyajima, Hiroshima, and Hagi
晩秋の山陰・山陽

折があったら足を伸ばそう − そう思い始めたのは、
大学時代の頃からだったかもしれない。そう言いつつも、
その折は、また今度、そしてこの次こそとなって(笑)、
やっと念願叶って、その折を作った晩秋の、
宮島、広島、萩への情緒溢れる旅。。。

kenさんが、この厳島神社の大鳥居の写真を基に、
「安芸の宮島」というタイトルで、素敵な絵を描いてくださいました。
どうぞ、kenさんのお絵かきブログをご覧くださいね。
f0205794_1650331.jpg

海の中に建つ、朱色の大鳥居と、
その背後に構える、厳島神社の姿は、
平安の雅と神々しさが讃えられて、心を魅了する。

Otorii Gate and Itsukushima Shrine in the ocean:
Their sight and existence glow as if they were of the divine soul.

Itsukushima Shrine à Miyajima -
C’est l’elegance de l’architecture d’époque Heian.
----------------------------------------------------------------------------------------
Trip to Miyajima, Hiroshima, and Hagi
f0205794_16504773.jpg

原爆ドームと広島平和記念公園を訪れて、
第二次世界大戦当時の傷ましさに、思いを馳せる。
世界恒久平和と人々の幸福を願い、祈らずにはいられない。。。

In the Hiroshima Peace Memorial Park and at the Atomic Bomb Dome,
my prayer for world peace was united with those of other like-minded.

La visite au parc mémorial de la paix à Hiroshima –
Espéron pour la paix mondiale!
----------------------------------------------------------------------------------------
Visite a Miyajima, Hiroshima, et Hagi
f0205794_1651095.jpg

萩焼の地でもお馴染みの萩は、ことの外、城下町の名残りが色濃い。
戦国の武将毛利家所縁の、今は失き萩城の跡や、
幕末・明治維新の頃に傑出した、吉田松陰、伊藤博文、
高杉晋作、木戸孝允などの旧家も形を留め、
この町の今と昔を、物語っている。

Hagi – pottery known as “Hagi ware” represents a face of this town.
It is also a castle town. It yielded historical warriors during the
Middle Ages, and political figures at the turn of the 20th century,
when the long-lasting Samurai period was terminated, and
the country was transformed as the new “Modern” Japan.

Hagi est connu pour sa poterie “Hagi-yaki” et aussi connu comme
le pays de châteaux. Son origine remonte au 17ème siècle.
Les années vers la fin du 20ème siècle est une autre époque
importante pour des hommes politiques qui vivaient à Hagi.
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-07 16:56 | 日記・エッセイ
Afternoon Tea with Anne of Green Gables
ささやかなお茶会
f0205794_14383628.jpg

11月の日本滞在中、友人のhanaさんと、共同主催で、
お茶会を開きました…  季節の紅茶に、
紅玉を使ったタルトタタンや、チョコレート菓子を添えて、
嘗ての感動の名作「赤毛のアン」の世界を、再び紐解きながら、
参加してくださった方たちとの会話も、季節の味覚も、
物語の懐かしい場面や言葉なども、広がっていって…
日常の中の素敵を見つける喜びを、共有できました。

「これから発見することがたくさんあるって、すてきだと思わない?」
「朝があるって、本当にすばらしいことじゃない?」 —『赤毛のアン』より—
------------------------------------------------------------------------------
Afternoon Tea with Anne of Green Gables
f0205794_14385461.jpg

During my November visit to Japan, hana-san and I co-hosted
an afternoon tea for a group of “Anne of Green Gables” fans.
Blessed with the miraculous energy from this loving story,
we all shared the joy of savoring the seasonal flavor of tea,
tarte tatin & chocolate,
and re-discovering the incredible world of Anne.
[PR]
by yoshieblog_yw | 2009-12-04 14:43 | 日記・エッセイ